×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

いま話題のイオンスチーマー

このところお肌に元気がないなぁ、普段より化粧のノリが良くないなぁとか、あちこちで聞きますよね。 女性に限らず人間に必ず訪れるのが、加齢の悩み。 主に30代からの女性に多いたるみ毛穴という肌のたるみによって頬の毛穴がメイクでも隠しにくくなる症状があります。 毛穴のたるみは、「肌の水分量と肌の弾力の低下」が主要な原因とされています。 人気のイオンスチーマー は、通常のものの約2万分の1という「プラチナナノ微粒子」を含んだナノサイズの「プラチナスチーム」が、皮膚の角質層の奥までゆっくりと浸透し、肌にハリと弾力を蘇らせます。 この人気のイオンスチーマーを使えば、目もとから首、胸もとにかけて広範囲に溢れ出る霧状のプラチナスチームを浴びることができます。 イオンスチーマー使用の際は、プラチナスチームを浴びるのと交互に付属のクールパターを使用することで、スチームによって一回柔らかくなった毛穴を効果的に引きしめます。 家電量販やインターネットでお求め可能ですが、いま人気のスチーム美顔器、モデルによっては品薄になっていますので要チェックです。

ビタミンC誘導体の効果

イオン美顔器を使用するときに必ず登場してくる重要な成分のひとつが、ビタミンC誘導体です。 通常のイオン美顔器を使う際に大抵の女性が一緒にビタミンC誘導体を購入します。 ビタミンC誘導体とは、酸化されやすいビタミンCを安定化したもの。 ご存知かも知れませんが、ビタミンCはそのままでは皮膚に吸収されません。 その点を改良したものがビタミンC誘導体です。 角質層の透過がよく、より長時間皮膚内にとどまるようにしたものです。 ビタミンC誘導体によって皮膚の細胞内へビタミンCが浸透するので、皮膚内部の活性酸素を除去する効果があります。 細胞を使った実験で、ビタミンC誘導体は、皮膚の中に浸透してコラーゲンの合成を促すことも証明されているようです。 さらにビタミンC誘導体は、皮膚の内部へ入っていくと、メラニン色素に近づきビタミンCに変化します。 皮膚の内部で新たに生産されるメラニン色素の元を分解する働きがあるのです。 このようにビタミンC誘導体にはシワやたるみ防止のほか、お肌の若返り効果などもあるので、美肌に効果のある成分として非常に期待されています。

スポンサードリンク

イオン導入器ってどうよ

イオン導入器は皮膚に微弱な電流を流すことで、水溶性の成分を皮膚内に導入する機械です。 イオン導入器によりマイナスの電極を顔の皮膚にあてて、プラスの電極の電流を皮膚に流すと、皮膚に当てたマイナスの電極からの反発によって、水に溶けるとマイナスに帯電するイオン(ビタミンC誘導体とも呼ばれています)が顔の皮膚の奥へと浸透していくのです。 マイナスイオン(ビタミンC誘導体)が皮膚に導入されていくと、美白、にきびのほか毛穴の引き締めなどにも効果があるようです。 イオン導入器によるビタミン誘導体の皮膚への浸透は、普通のスキンケアでは出来ない細胞と細胞との間の老廃物を引き出します。 イオン導入器により皮膚に浸透したビタミン誘導体は、毛穴の引き締め及び毛穴の洗浄などにも効果があります。 使用するイオン導入器のタイプによっても異なりますが、マイナスイオンを導入するためのイオン導入器の使用時間は、フェイスマッサージで、だいたい5〜10分くらいです。 イオン導入をする時間をもっと増やしたほうが、よりビタミン誘導体が導入されて、もっと効果が出る感じがしますが、反対に肌にダメージを与えてしまうことになるようです。 きちんと使用時間を守ってイオン導入器を使用することがお肌の為にも大切ですね。 しかし、これだけでは万全のスキンケアとは言えません。 毎日の食生活や規則正しい生活習慣を心がけて、肌にストレスの無いように気を配ることがより大切なのです。








Copyright © 2008 イオン効果でスキンケア